トーシンの特徴

トーシンしか出来ないこと

当社は、フィルム包材の独自規格品をお客様の要望に併せてご提供しております。


ホームセンターで購入できる包材はムダが多い

包材はいまやホームセンターでも販売されています。しかし、ホームセンターの包材は決められた規格品を大量に製造している為、実際に商品を入れた時にムダが多いのが現状です。例えば、

・サイズが大きすぎて袋部分が余ってしまう
・袋が開けづらく作業効率が悪い

などです。



ホームセンターでは売っていない自分だけの規格品を作れる

トーシンウイングでは、そんなお客様の要望にこたえるべく、お客様独自の規格品づくりをサポートしております。企画からデザイン、製造まで自社で完結できる強みを活かし、お客様と独自の規格を作り出しています。


持ち込みフィルムを、分析してご提案。材質調査も独自規格には大切な作業。

フィルム製品には違いがあります。野菜にあったフィルムもありますので、フィルムの特性を理解することは、満足いく製品づくりにかかせません。当社の技術と経験で、フィルムの特性を分析し、わかりやすくお客様にご説明しております。


サンプルの作成ができる。

全部印刷加工してしまってから「アレ?」と思わない為にも、事前の確認は重要です。
自社生産だから、包材の仕上がりをサンプルで確認いただきます。


自社でデザイン、自社で生産だから、新しい規格品でも納期がはやい

社内にデザイン部署を構築しておりますのでお客様のご要望に応じて、すばやくデザインいたしており好評です。また、フィルム印刷機や、加工機械を保有しておりますので、低コスト、短納期を実現しています。


営業マンの機動力がすべてを実現させる。

当社では営業マンの機動力がひとつの売りとなっています。お電話一本で営業マンがウイングで対応いたします。

*「ウイングで対応」とは…トーシンウイング営業マンが、まるで羽根をつけたようにすばやくお客さまの元へ飛んでいくさまを表した言葉です。つねに迅速・丁寧な対応、臨機応変に気を利かせるサービス精神など、お客様によって様々に解釈していただいております。


納品後のフォロー体制もバッチリ

在庫管理を代行

在庫管理はとても手間のかかる仕事。当社では、ご要望に応じて営業マンがお伺いし在庫を確認しておりますので、在庫切れの心配はありません。


版の保存期間が長い

印刷するときには、まず「版」を作ります。この版をとっておくと、2回目に印刷するときのコストが削減できます。当社では、おつきあいのあるお客様の版は基本的にすべて長期保存・保管しております。